【バンコクロックダウン】 タイ移住 バンコク ブログ 就職活動

【バンコクロックダウン#05】市内の規制が始まる

更新日:

サウジアラビアへの旅を断念し、当初の計画は狂ってしまったもののとにかく就活を始めようとオンヌットに拠点を移して転職エージェントに登録。企業面接も少しずつ始まって忙しくなってくるかと思ったと矢先、タイの政策は新型コロナウイルス封じ込めのため新たなステージへ移行する...。

BTSエカマイ駅前の様子(3月13日に撮影)

 

事態が動いたのは3月16日

面接をしたりジムへ行ったりPCで作業してみたりと、何かとやることを見つけて日々せっせと動いておりました。

そんな中、僕がタイに入国して3週間目を迎えようとしていた3月16日、ジムへ行った帰りにニュースを目にしました。

そのニュース曰く、一部の教育機関、バンコク市内のパブやバー、フィットネスクラブ、マッサージ店、スパなどの施設一時休業する旨政府からのお達しがあったとのこと。

これはもちろん日々感染者が増える新型コロナウイルスの感染拡大対策のためであり、人が多く集まる場所や濃厚接触が危惧される場所をまず閉鎖するという意図なのでしょう。

期間は2週間と定められてはいましたが、これは後に延長されることになります。

 

僕は週1ぐらいのペースでフットマッサージを受けたりするのですが、このニュースを聞いてオンヌット駅前のフットマッサージをこの日の夜受けに行ってみました。

マッサージ師の方に聞いてみると、やはり明日から休業になってしまうそう。

元々観光客の減少でどこも暇そうにしていたマッサージ店だが、明日からは全ての店舗が閉鎖に追いやられることに。

規制数日前のオンヌットのマッサージ店

 

明けて3月18日 最初のロックダウンが始まる

政府の通達から一夜が明けて3月18日。

全てのマッサージ店が営業停止ということで、僕が泊まっているマンション内にあるマッサージ店も例外ではなく、いつものスタッフの姿も見当たらず店はクローズしていた。

ホテル内のマッサージ店も閉店。 政府からの通達書が貼られている。

 

そしてふと気になって調べてみると、僕がつい先日1ヶ月パスを買ったばかりのMuscle Factoryも、フィットネスジムということで営業停止に追い込まれてしまいました...。

(※Muscle Factoryのインスタによると、カフェコーナーのみテイクアウトオンリーで現時点でも営業は続けられているようです。 )

 

この投稿をInstagramで見る

 

Too much free time. #funstuff #gymhumor #gymlove #silly #gymfunny #bored

Muscle Factory(@musclefactorybkk)がシェアした投稿 -

 

泊まっているホテル内のジムも、少し時差はありましたが、同様にクローズしてしまいました。

閉鎖されたホテル内のジム

 

バンコクだけだと思っていた方もいたようですが、チェンマイやパタヤなど、程度は違えどタイの各都市で同様の規制はかけられたようです。

とはいえ、この政策はまだ序の口、生活の一部は制限されましたが、まだ企業面接は続いていたので僕は就職活動を続行していました。

 

この規制の後日...

僕はノービザでタイに来ているため、タイ国内にいられるのは30日間のみです。

ノービザ、もしくは観光ビザで来ている外国人はタイのイミグレーションオフィスへ行き30日間有料ですが滞在許可を延長することができます。

 

この時点で既にマレーシアは外国人観光客の受け入れを中止し、鎖国状態に入っていたので、隣国へ行ってすぐ戻ってくるいわゆるビザランでの滞在延長も容易ではなくなってきている様子でした。

政府が規制を始めたことや相次ぐ陸路の国境封鎖、フライトの欠航によって滞在を伸ばさざるを得ない外国人が多く詰めかけるかも知れない、と考えて少し早めに延長しに行くことにしました。

 


 

【バンコクロックダウン#06】へつづく...

 

-【バンコクロックダウン】, タイ移住, バンコク, ブログ, 就職活動

Copyright© DANGO Thailand , 2020 All Rights Reserved.